独学ツクールブログ

ツクールでのオリジナル作品の話を中心に創作関係の徒然な語り。

[ 四季(仮) ] ちょっと進展



ご覧のとおり、「四季(仮)」の冬編主人公コンビ、「志成万作」と「神崎綾女」。
まあ今のところそんなに進んではいないんだが、久々にキャラグラが出たよーということで。


タグ:[制作雑記] [志成万作] [神崎綾女]

| 2015.02.20 Friday 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ 四季(仮) ] ぐだぐだ進行

続いては当然秋編の話。
秋編では主人公は高校二年生。文化祭の準備中に送られてきた「きょうはくじょう」から始まる一連の事件を追う。
「きょうはくじょう」の要求は文化祭の中止。女主人公のほうは文化祭実行委員なので、犯人捜しや謎解きに自ら乗り出すことになる。
春編も高校生なのでどうしようかとも思ったが結局このままに。どちらも中学生にするには無理があるし大学生にすると今度は夏とかぶって変わらないので。

ということで、今気付いたが結局は四編すべてに謎解き要素は含まれることになる。まあ、ギャルゲーエロゲー以外でノベルゲームとしての体裁を保つにはある程度必要なので当たり前か。

目下の問題は、本編に出るかどうかも分からない設定を考えることのほうが楽しいことである(定例)。


タグ:[制作雑記]

| 2015.01.22 Thursday 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ 四季(仮) ] のろのろ進行

冬、春ときたので夏編の話。
夏編は唯一男女主人公の所属が異なる。男は大学生で女は旅館の娘である。
レポートの資料集めを兼ねて山中の旅館でアルバイトを始める男主人公が、そこで知り合った女主人公とともに謎の現象に出会う。
爆弾魔、七不思議ときて今度は怪奇が相手である。よって、冬や春のような謎解きは発生しない予定。もちろん、クリアのためにある程度のハードルを越える必要はあるが。
目下の課題は、大学生がどんなものなのか未経験の俺には全くわからないということである。

そういえば、言うのを忘れていたが今回の短編には恋愛要素はほぼ皆無である。
完全皆無ではない場所がどこなのかはとりあえずは言わない。
なぜほぼ無いのかと言えば、単に面倒だからというか、短いしそこメインじゃないしということである。
まあ、「完全皆無じゃない部分」で何か入れるかもしれないが、まあ本筋には一切関係ないことになるはずだ。


うーむ。
「じゃあ今日はこの辺で」ってならない文章はなんだか自分でむずむずする(笑)


タグ:[制作雑記]

| 2015.01.21 Wednesday 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ 四季(仮) ] もたもた進行

四季(仮)はその名の通り全四編。
いずれも男女主人公のペア体制。
冬については先日述べたので今回は春について。

春編の男女主人公はともに高校一年生。
入学早々に電波の入ったおかしな女(女主人公)になつかれた男主人公が妙な同好会に入れられ、いわゆる「七不思議」的なものを調べることになる。
要するに、時代も過ぎたしハルヒとえるたそを元ネタにしようということである。いやもちろん設定も話もちゃんと独自に考えるけども。氷菓に至っては読んだこともないし。
ちなみに性質上こっちも冬編同様謎解きはあるが、冬編が爆弾魔による暗号であるのに対しこちらは七不思議にまつわるなぞなぞのようなもので毛色は違っている。たぶん差別化はできると思う。


タグ:[制作雑記]

| 2015.01.20 Tuesday 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ 四季(仮) ] ちまちま進行

複数のブラウザを開くときはほかのソフトを閉じよう(挨拶)
ということで去年のイラストを奥に下げたついでにトップの確認ブラウザバージョンを更新した神代ですこんばんは。
メジャーバージョンで10以上進んでて吹いた。


さて例のノベルゲーの話。
四季に合わせたよっつのエピソードがあるが、とりあえず今は冬編のプロットを書いている。
なぜなら一番書きやすいから。というか男主人公を相方好みの初中年にしたので最初に作りたいから(笑)

冬編の主人公は二人とも刑事である。
クリスマスを間近に控えたある日から物語は始まり、とある凶悪犯を追うことになる。
シナリオの設定上、ある程度の謎解き要素がある予定。

もうお分かりですね。
謎を考えるところで行き詰ってます。

まあ、今日の時点ではこんな感じ。


タグ:[制作雑記]

| 2015.01.18 Sunday 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ 四季(仮) ] 何でもかんでも世界線っていうのやめろ

なんでJUGEMはカテゴリツリーできないんだよ(挨拶)
ということで神代なんですけど。
今日も、最近Yggdrasill WorkSのメンバー内で話題となっている「四季(仮)」について。

とりあえず、キャラの概要がまとまったんで相方に報告し、今はストーリーの概要のほうへ。
ああちなみに、舞台設定については俺のいつもの病気が出て「日本(人)がメインとなるうちの創作物は全て同じ世界設定」ということになっている。一言で言えばよくある「超常の実在する近未来」だ。まあ他の「うちの創作物」はまだ何一つ世に出ていないし、その辺はまたいつかタイミングの合うときにでも。

で。
今回の短編の場合、いろいろな理由で超常は前面に押し出せない。その兼ね合いにちょっと悩みつつストーリーを考えているところである。「どんな話か」は決まっているが「何がどう始まってどう終わるか」は全く浮かんでいないというわけだ。この辺を数日以内にまとめようかなというところである。


うーむ話題にオチが無い(笑)
実は、自然に「今日はこの辺で」とできるような区切りが無いと落ち着かない性分なので、実はブログの更新がテンポ良くいかないのはその辺も理由だったりして(言い訳)
まあとりあえず、書きたいネタだけは豊富にあるので頑張って文章にしていこうと思う。


タグ:[制作雑記]

| 2015.01.15 Thursday 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1/1PAGES |

このページの先頭へ▲

Twitter

WebClap

Blogram

ブログランキングならblogram

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

Amazon

selected entries

recent comment

recent trackback

recent ranking

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM