独学ツクールブログ

ツクールでのオリジナル作品の話を中心に創作関係の徒然な語り。

<< これもいきもののサガか | main | RGSS奮闘記32:文字列ピクチャ2 >>

[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2018.05.23 Wednesday | - | - |

[ RGSS奮闘記 ] RGSS奮闘記31:文字列ピクチャ1

またまたやってきました無謀企画。
今回は「文章をピクチャとして表示する」に挑戦。
これが出来上がることで何ができるかというと、テロップを流すような形で文章を表示できたり、メッセージウィンドウの制限を受けずに文章を表示できたり、表示された文章を拡大縮小回転できたり。
ということで人によっては夢のようなスクリプト、いざ行かん。



ではまず、何をしなければならないかを整理しよう。

1:イベントコマンド「ピクチャの表示」に対応するスクリプトの改造
これは当然必須だ。
ここで、「何らかの形で保存された文章がある場合はそれを表示する」という機能を追加しなくてはならない。

2:Sprite_Picture#updateの改造
これももちろん必須になる。
文字列はあくまで文字列なので、ピクチャとして表示させるために、Bitmap#draw_textを何らかの形で使用して対応することになるだろう。

3:文字列を「ピクチャの表示」に渡せるようにするメソッドまたはクラス
専用のクラスを作るのもいいがInterpreterクラスにメソッドを追加する形でもいいかもしれない。
そうすると「スクリプト」からメソッド直書きで呼べるのだ。

これくらいだろうか。
処理としては「専用メソッドで文章をどこかに代入→ピクチャを表示するメソッドでそれに対応→Sprite_Picture#updateでそれに対応」という流れになる。
では一番楽そうな3から次回進めていこう。


タグ:[Ruby] [RGSS] [素材] [文字列ピクチャ] [Interpreter] [Sprite_Picture]

| 2011.02.13 Sunday 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ - ] スポンサーサイト

| 2018.05.23 Wednesday 21:05 | - | - |

コメント

コメントする






この記事のトラックバックURL

トラックバック

このページの先頭へ▲

Twitter

WebClap

Blogram

ブログランキングならblogram

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

Amazon

selected entries

recent comment

recent trackback

recent ranking

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM