独学ツクールブログ

ツクールでのオリジナル作品の話を中心に創作関係の徒然な語り。

<< RGSS奮闘記57:プリセットを読み解く11(Game_Systemクラス2) | main | RGSS奮闘記59:プリセットを読み解く13(Game_Systemクラス4) >>

[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2018.05.23 Wednesday | - | - |

[ RGSS奮闘記 ] RGSS奮闘記58:プリセットを読み解く12(Game_Systemクラス3)

〜前回のあらすじ〜
ブログのレイアウト変えたいです。

今回はBGM後編。
ややこしいことはないので気楽に進めていく。

BGM のフェードアウト

def bgm_fade(time)
  @playing_bgm = nil
  Audio.bgm_fade(time * 1000)
end

引数timeはフェイドアウト時間(秒)である。
@playing_bgmをnilにし、timeを1000倍、つまりミリ秒に変換する。
というのは、Audio.bgm_fadeがミリ秒単位で引数をとるメソッドだからである。
前回のbgm_stopとは違い変数のクリアを含んではいるものの、やはり直接使わない理由は今のところ不明である。

BGM の記憶
def bgm_memorize
  @memorized_bgm = @playing_bgm
end

これは次のbgm_restoreメソッドと対になるメソッドである。
変数@memorized_bgmに現在再生中のBGMを代入するのみ。

BGM の復帰
def bgm_restore
  bgm_play(@memorized_bgm)
end

このメソッドで、上記のbgm_memorizeメソッドで記憶したbgmを再生する。

上記ふたつのメソッドはイベントコマンドから実行されるものだ。
詳しくはInterpreterクラスの説明の際に述べることになるだろう。


次回は……と、思ったが、ここで一気にBGS、ME、SE系メソッドも解説することにする。

bgs_play(bgs)
bgs_fade(time)
bgs_memorize
bgs_restore

me_play(me)
se_play(se)
se_stop

見ての通り、BGMと同じ様なメソッドが並んでいる。
メソッドの中身もbgsがそれぞれbgsやme、seになっただけだ。
なのでこれらの説明は割愛とする。


たぶんこのクラスはあと3回くらい。


タグ:[Ruby] [RGSS] [プリセットを読み解く] [Game_System]

| 2011.05.12 Thursday 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ - ] スポンサーサイト

| 2018.05.23 Wednesday 22:14 | - | - |

コメント

コメントする






この記事のトラックバックURL

トラックバック

このページの先頭へ▲

Twitter

WebClap

Blogram

ブログランキングならblogram

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

Amazon

selected entries

recent comment

recent trackback

recent ranking

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM