独学ツクールブログ

ツクールでのオリジナル作品の話を中心に創作関係の徒然な語り。

<< RGSS奮闘記59:プリセットを読み解く13(Game_Systemクラス4) | main | RGSS奮闘記61:バッグバグにしてやんよ >>

[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2018.05.23 Wednesday | - | - |

[ RGSS奮闘記 ] RGSS奮闘記60:プリセットを読み解く14(Game_Systemクラス5)

〜前回のあらすじ〜
ウィンドウスキン自作してる人ってどれくらいいるんだ?

今回でGame_systemクラス終了。

バトル BGM の取得

def battle_bgm
  if @battle_bgm == nil
    return $data_system.battle_bgm
  else
    return @battle_bgm
  end
end

バトル BGM の設定
def battle_bgm=(battle_bgm)
  @battle_bgm = battle_bgm
end

この二つは前回のウィンドウスキン関連と同様のメソッドである。
battle_bgmメソッドはマップシーンでのバトル突入時および先頭テスト開始時、battle_bgm=()メソッドはイベントコマンドによるバトルBGM変更時に呼び出される。
内容については前回と変わらないので省略。


バトル終了 BGM の取得
def battle_end_me
  if @battle_end_me == nil
    return $data_system.battle_end_me
  else
    return @battle_end_me
  end
end

バトル終了 BGM の設定
def battle_end_me=(battle_end_me)
  @battle_end_me = battle_end_me
end

このふたつのメソッドだが、どちらも『BGM』となっているが正しくは『ME』である。
なぜこんなミスが残されているのか……??
ちなみに内容はウィンドウスキンやバトルBGMと同様なので説明は省略。


フレーム更新
def update
  if @timer_working and @timer > 0
    @timer -= 1
  end
end

updateとはその名の通り、更新するメソッドである。
今後も多くのクラスで登場するが、つまり単純に言えばこのメソッドがあるからゲームは進行するのである。
さて、中身は実はタイマーの更新のみ。
if @timer_working」は「if @timer_working = true」と同じ意味なので、もし@timer_workingフラグがtrue(タイマー動作中)で@timerが0より大きい(残り時間がある)場合はタイマーを1減らすという処理である。


さて次回は「ゲームスイッチ」のGame_switchesクラスなのだが……疲れたからちょっと間を空けようかな(笑)
一応今月中には奮闘記再開ということで。


タグ:[Ruby] [RGSS] [プリセットを読み解く] [Game_System]

| 2011.05.14 Saturday 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ - ] スポンサーサイト

| 2018.05.23 Wednesday 22:25 | - | - |

コメント

コメントする






この記事のトラックバックURL

トラックバック

このページの先頭へ▲

Twitter

WebClap

Blogram

ブログランキングならblogram

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

Amazon

selected entries

recent comment

recent trackback

recent ranking

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM