独学ツクールブログ

ツクールでのオリジナル作品の話を中心に創作関係の徒然な語り。

<< 鈍重 | main | RGSS奮闘記73:RGSSスクリプトの抽出2 >>

[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2018.05.23 Wednesday | - | - |

[ RGSS奮闘記 ] RGSS奮闘記72:RGSSスクリプトの抽出1

スクリプトをいじったり読んだりするのに、いちいちツクールを起動するのが億劫な場合がある。
テキストエディタで開ければいいのに……

というちょっとした願望を満たす本日の一品。
RGSSのテキストファイル化。テキストファイル化でございます。


まずは説明。
XP、VXともに、「RGSSエディタ」に記述された「スクリプト」が走ることでツクールのゲームが動作しているというのは周知のとおり。
では、この「スクリプト」はどこからどう動いているのか?
そのヒントはグローバル変数にあった。
きっかけは以前エントリである。RGSS用のグローバル変数がいろいろ定義されているので、これをもっと調べてみたら面白いものがあるのではないかとその後思った。
ので、スクリプト内におもむろに一文を挿入。

p global_variables

global_variablesメソッドは、現在定義されているグローバル変数の配列を返す。ここで返されるグローバル変数のうち、Rubyに元から定義されているもの、$data_xxxx系、$game_xxxx系、$sceneを除くと、残るのはなんとたったふたつだった。$BTESTと$RGSS_SCRIPTSである。
$BTESTは戦闘テスト時にオンになるフラグなので特に面白味はない。問題は$RGSS_SCRIPTSである。名前からして「スクリプト」と何か関連がありそうだ。

ということで先ほどの一文をこう変更。
p $RGSS_SCRIPTS

そして得られたのがこちら。
暗号?
なんでしょうか?
どうやらいろいろ厳しそうなので続きは次回。


タグ:[Ruby] [RGSS] [抽出]

| 2011.07.24 Sunday 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ - ] スポンサーサイト

| 2018.05.23 Wednesday 22:55 | - | - |

コメント

コメントする






この記事のトラックバックURL

トラックバック

このページの先頭へ▲

Twitter

WebClap

Blogram

ブログランキングならblogram

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

Amazon

selected entries

recent comment

recent trackback

recent ranking

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM