独学ツクールブログ

ツクールでのオリジナル作品の話を中心に創作関係の徒然な語り。

<< エクスプローラの「新規作成」をいじる2 | main | JUGEMで複数商品のレビューを書く方法 >>

[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2018.05.23 Wednesday | - | - |

[ 雑記 ] エクスプローラの「新規作成」をいじる3

舌の根も乾かぬうちに昨日の続きのアレ。
「新規作成」時に任意のテンプレートファイルをデフォルトとする設定。
もちろんこれも@ITの受け売り。

ここでのテンプレートはHTMLにしようと思ったのだが、いい加減な手抜きソースをサンプルとして提示してしまうのも問題なのでやめておく。
代わりに俺がよく使うバッチファイルのテンプレートを作ることにする。
テンプレートを格納するフォルダは「%USERPROFILE%¥Templates」である。
「%USERPROFILE%」とはWindowsが標準で持っている環境変数で、XPなら通常は「C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>」を指す。「ファイル名を指定して実行」で「%USERPROFILE%¥Templates」を実行すれば、そのフォルダが開くはずである。
ここにテンプレートとなるファイルを作成し、レジストリで設定すれば、「新規作成」時にそのファイルをテンプレートとして作成することになる。

では早速サンプルを作ってみよう。

  • @ECHO OFF
  • SETLOCAL ENABLEDELAYEDEXPANSION
  • CLS
上記3行は、俺の使うバッチでいつも入れているコードである。意味については今回は関係ないので割愛。
これをたとえば「default.bat」という名前でテンプレートフォルダに保存。これで準備はOKである。

さっそくレジストリをいじってみよう。
レジストリエディタで「HKEY_CLASSES_ROOT」の「.bat」のキーを開く。
ここの「ShellNew」キー(なければ新しく作成)で、新規の「文字列値」を作成しよう。名前は「FileName」だ。
この時、もしそのキーの中に「NullFile」という名前の文字列値があったら削除しておく。
値を作成したら、値のデータを先ほどの「default.bat」に設定。これですべての処理は終了だ。
実例を見せられないのが残念だが、確かにテンプレートファイルを使用して「新規作成」するようになっている。
さて。3回にわたってあれこれやってきたが、今回で本当に終了。もし関連のネタがあったら書くかも。


タグ:[雑記] [レジストリ]

| 2012.11.23 Friday 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ - ] スポンサーサイト

| 2018.05.23 Wednesday 22:14 | - | - |

コメント

コメントする






この記事のトラックバックURL

トラックバック

このページの先頭へ▲

Twitter

WebClap

Blogram

ブログランキングならblogram

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

Amazon

selected entries

recent comment

recent trackback

recent ranking

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM