独学ツクールブログ

ツクールでのオリジナル作品の話を中心に創作関係の徒然な語り。

<< 今週の三村かな子(2015/02/07) | main | ナイスブロック >>

[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2018.05.23 Wednesday | - | - |

[ 吉里吉里 ] 吉里吉里予習1:処理順を把握する

まずはアプリケーション本体を実行した際にどのように処理が進んで「実行」に至るかを確認することにした。
と言うかなんでkrkr.eXeのX大文字やねん。




krkr.eXeを実行すると、最初にstartup.tjsが走ることは間違いないようだ。
startup.tjsでは、単にInitialize.tjsを呼び出す処理しかしていない。ここにいろいろ追加してもいいのかどうかはとりあえず不明。


さてInitialize.tjsを見てみると、「システムの初期化」と称しさまざまな定義と処理を行っているようだ。
最初のポイントは「パスの設定」だろう。ここでは、各種ファイルの検索先を指定している。テンプレートにある「video」「sound」などのフォルダや「bgm.xp3」などの各アーカイブが指定されている。各講座サイトでもいろいろ説明されているように、この定義は「書かれた順」に行われるので、ここの記述(とその追加/変更)は注意が必要だろう。
次に、もう少し処理が進んだ後、Config.tjsを呼び出している。また、Config.tjsの存在チェックとバージョンチェックも行っている。バージョンが異なる場合はUpdateConfig.tjsを呼び出すようだ。
次は「オン・デマンド・ローディング」の定義。
パッと見ではよくわからないのだが、恐らく初回呼び出し時には該当のTJSスクリプトを呼び出し、その戻り値が次回以降は使われるということだろうか。ここではYesNoDialog、CheckBoxLayer、ButtonLayer、EditLayer、Pluginの各tjsファイルが指定されている。
次は各種スクリプト呼び出し。ここでやっと多くのtjsファイルを呼び出し、様々な設定が実行されるようだ。呼び出すのはUtils.tjs、KAGLayer.tjs、HistoryLayer.tjs、BGM.tjs、SE.tjs、Movie.tjs、Conductor.tjs、AnimationLayer.tjs、GraphicLayer.tjs、MessageLayer.tjs、Menus.tjs、DefaultMover.tjs、MainWindow.tjs。Override.tjs、Override2.tjsはもし存在した場合のみらしい。
さらにもう少し進むと、ウィンドウの作成、変数の設定などがあり、そのあとAfterInit.tjsがもしあれば呼び出すことになる。AfterInit.tjsの役割はまだよくわからないが、要するにこの時点で実行したい初期化処理を記述しておくのだろう。
そして最後にfirst.ksを呼び出しシナリオを実行する。


とりあえず自分で書いておきながら詳細はまるで分からない。Initialize.tjsが多くの定義を行うというところまでである。
次回以降は、Initialize.tjsが呼び出す各スクリプトを順に見ていく。


タグ:[吉里吉里] [TJS]

| 2015.02.08 Sunday 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ - ] スポンサーサイト

| 2018.05.23 Wednesday 20:26 | - | - |

コメント

コメントする






この記事のトラックバックURL

トラックバック

このページの先頭へ▲

Twitter

WebClap

Blogram

ブログランキングならblogram

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

Amazon

selected entries

recent comment

recent trackback

recent ranking

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM